研究開発力強化法等の改正にともなう 非常勤講師ほか有期雇用教員の 労働契約法特例に反対し抗議する緊急声明

2013年11月22日
研究開発力強化法等の改正にともなう
                  非常勤講師ほか有期雇用教員の労働契約法特例に反対し抗議する緊急声明

                                                        首都圏大学非常勤講師組合
                                                        東海圏大学非常勤講師組合
                                                        関西圏大学非常勤講師組合
                                                    大学等非常勤講師ユニオン沖縄

1.労働契約法特例による大学有期教員への権利制限

 全国の国公立大学の非常勤講師及び任期・有期教員の皆さま。今、大変異常な
事態が進んでいます。先般メディアで報道されたように、今月末までに、いわゆ
る研究開発力強化法と大学教員任期法の改正案が国会で審議されることになりま
した。それぞれの改正案には、労働契約法の特例として無期労働契約へ転換する
期間を5年から10年とする内容が盛り込まれています。いわゆる無期転換権の制
限です。特例に該当するのは、大学等及び研究開発法人の教員等、研究者(技術
者も?)、リサーチアドミニストレーターとのことです。
 非常勤講師は大学で学生を教える教員ですが、研究を業務として義務づけられ
ておらず、研究室も研究費も与えられていません。また任期教員でもありません。
にもかかわらず、非常勤講師が今回の法改正で任期教員と同様に転換する期間を
10年に延長されることになるというのです。

2.労働契約法の特例内容

 研究開発力強化法(現行)の2条には、『この法律において「研究開発」とは、
科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)に関する試験若しくは
研究(以下単に「研究」という。)又は科学技術に関する開発をいう。』とあり
ます。しかし改正案では、『この法律において「研究開発」とは、科学技術(人
文科学のみに係るものを除く。第15条の2第1項を除き、以下同じ。)に関する…』
と新たに一文が挿入されました。では人文科学のみに係る【第15条の2第1項】と
はどのような内容でしょうか。
 改正案では『第15条の2 次の各号に掲げる者の当該各号の労働契約に係る労
働契約法…第18条第1項の規程の適用については、同項中「5年」とあるのは「10
年」とする。』とし、さらに続いて『1(項) 科学技術に関する研究者又は技
術者(科学技術に関する試験若しくは研究又は科学技術に関する開発の補助を行
う人材を含む。第3号において同じ。)であって研究開発法人又は大学等を設置
する者との間で期間の定めのある労働契約(以下この条において「有期労働契約」
という。)を締結したもの』とあります。
 もちろんこの条文を素直に読んだだけでは、どう考えても非常勤講師が該当す
るように思えません。なぜなら非常勤講師は先ほども述べたとおり、研究開発や
イノベーションの創出(商品開発)に関わるどころか、研究者・技術者として採
用されてもいないからです。
 しかし法案提出者の自民党(側議員)の説明によれば、この「科学技術に関す
る研究者又は技術者(科学技術に関する試験若しくは研究又は科学技術に関する
開発の補助を行う人材)」=非常勤講師(もちろん任期・有期教員も)、になる
そうです。

3.研究開発力強化法が対象としていない研究者への特例のみの適用

 法案が成立し自民党の説明どおりに適用されれば、重大な矛盾を引き起こしま
す。そもそも研究開発力強化法は、研究者ではなく国、地方自治体、諸研究機関
に対しての責務を定めた法です。研究者個人の責務などはどこにもありません。
つまりこの法の適用対象ではない研究者に向けて、唐突に労働契約法の特例(し
かも個人の勤労権の制限)を要求しても、改正とはいえないのではないでしょう
か。それが問題ないのであれば、労働契約法の特例を刑法に挿入しようとも刑事
訴訟法に挿入しようとも問題ないということになります。
 しかも人文科学研究については国、地方自治体、諸研究機関のいずれにも責務
が求められていないにもかかわらず、人文科学研究者のみこの法律で勤労権の制
限が課せられるというのは、法内容として意味を持ちません。ましてや研究者と
して採用されていない非常勤講師にも適用させようとしています。あまりにも異
常な改正内容です。

4.なぜこのような法改正が急がれるのか

 大学の有期雇用労働者として多数を占めるのは、非常勤講師、それも語学を中
心とする人文科学系の非常勤講師です。それまで長期にわたって非常勤講師を事
実上無期雇用していた大学は、労働契約法の改正によって、むしろ無期雇用の制
度化を否定する更新5年上限を打ち出そうとしました。その背景には専任教員と、
任期・有期教員そして非常勤講師間の説明できない待遇格差があります。非常勤
講師たちが無期雇用を背景に均等待遇を求めて立ち上がることを恐れた一部の大
学が、今年4月、5年上限をかけて押さえつけようとしましたが、逆に刑事告発、
告訴されました。またクーリングを強要しようとして、当組合の記者会見で公表
されてもいます。そしてカリキュラム変更権を利用して非常勤講師を排除しよう
とした結果、現在は当組合から偽装請負の疑いで労働局に調査申し入れをされて
います。この時期にこの法律でこのような内容の法改正をしなければならないと
したら、その理由は、自ずと理解できるのではないでしょうか。大学の安上がり
なずさん経営を維持するため、権力を使い、法によって非常勤講師や任期教員に
奴隷的拘束をかけようとしているのでしょう。

5.個人の尊重を守るのが民主主義社会

 アメリカ独立宣言には、次の文言があります。「われわれは、自明の真理とし
て、すべての人は平等に造られ、造物主によって、一定の奪いがたい天賦の諸権
利を付与され、その中に生命、自由および幸福の追求のふくまれることを信ずる。
また、これらの権利を確保するために人類の間に政府が組織されること、そして
その正当な権力は被治者の同意に由来するものであることを信ずる。」
 研究者であるというだけで、また大学と契約しているというだけで非常勤講師
が無期転換の権利を制限されるのは、法の下の平等に反します。また労働契約法
の附則第3項には、「施行後8年を経過した場合において…その施行の状況を勘案
しつつ検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて必要な措置
を講ずるものとする。」としていますが、施行後1年もたたないうちに重要な条
文内容を特定の労働者のみ特例で操作することは、適正な法の手続きにも反しま
す。
 非常勤講師を代表し、表記4組合はこの法改正には反対であり、強く抗議しそ
の廃案を求めます。研究者・教員個人の無期転換の自由を一方的に制限し、組織
の道具として利用するための法改正は民主主義のいかなる手続き・正当性にも反
するため、絶対に認めることはできません。
                                                                            以上

What's New

2016年4月2日

[TOP] 

名城大学・金城学院大学共に非常勤講師裁判が終了いたしました。

 

2015年8月22日

[TOP]

「ハンコを押せば賃下げ ハンコを押さなければクビ?」をアップしました!

 

2015年8月22日

[ブログ]

「安全保障法関連法案の制定・改定に反対する声明 」をアップしました!